アクセス解析ツールを導入する【Googleアナリティクスが便利】

サイトの質を診断する

握手

Webサイトは自分で完璧に作成したと思っていても、作成できていないこともあります。Googleアナリティクスの機能を備えたJuicerというアクセス解析ツールを使うことにより、サイトの価値を向上させるための診断をしてくれます。機械による診断ですが非常に参考になるため、利用している企業が多くあります。診断の基準となる分野はさまざまで、文字のフォントサイズや色などの文字に関することや、挿入してある画像の大きさなどを基準に診断しています。フォントサイズが小さすぎたり大きすぎたりすると閲覧者が読みにくいため、サイトの質が悪いとみなされてしまいます。画像の大きさも小さすぎると見にくいですし、肝心の文章が読みにくくなってしまうためサイトの価値が下がってしまいます。このようにサイトの価値が下がってしまうと検索順位が下がってしまうため、Juicerでサイトの診断をすることが大切になります。

Googleアナリティクスでは閲覧者が15分前にとっていた行動を確認することができます。どのようなサイトを閲覧しているか、どのようなサイトから流れてきたかなどの情報を知ることができます。関連する内容をWebサイトに入れることで、更にアクセスアップを見込める可能性があります。

Googleアナリティクスをすでに利用しているなら、Juicerを導入するのは簡単です。なぜなら、JuicerはGoogleアナリティクスの機能を拡張している機能だからです。気になることがあれば直接問い合わせることもでき、また、わからないことがあればメールで質問して解決することができます。