アクセス解析ツールを導入する【Googleアナリティクスが便利】

アクセスしている人の情報

オフィス

Googleアナリティクスを導入することで、Webサイトのアクセス情報を知ることができます。Googleアナリティクスは無料で使うことができ、無駄な経費を抑えて会社の経営を圧迫することがありません。Juicerというアクセス解析ツールは、Googleアナリティクスを参考にして作られているので、Googleアナリティクスを使わなくても大丈夫です。

Webサイトはアクセス数が重要ですが、どのような人がアクセスしているかなどの細かい情報を知ることも大事です。性別や年齢などがわかれば、その人を対象にしたサービスを提供したりできますし、サイトのデザインなどを変更したりすることができます。より細かい情報を得ることでWebサイトの質が向上していき、SEOに対しての価値も高まっていきます。また、アクセスしている場所や状況なども確認することができます。会社のパソコンからアクセスしているのか、スマートフォンからアクセスしているかなど把握することができるのです。会社からアクセスしている場合は社会人が多いですし、スマートフォンからアクセスしている場合は若者が多いことがわかります。このように使っている機種などを知ることで、その機種に合わせたWebサイトを作成することができます。パソコンとスマートフォンの両方の機種に対応していると、Webサイトの表示がキレイになるので検索順位も大きく上がります。Juicerは無料で始めることができるアクセス解析ツールなため、誰でも簡単に始めることができます。問い合わせることで導入することができます。